教育

DWEリニューアル!交換時期は?何が変わったの?

2019年4月17日からディズニー英語システム(DWE)が「教材リニューアル」しました!

どの教材がリニューアルされたの?
どう変わったの?
旧バージョンの教材を購入した人は、どうすれば新しい教材と交換できるの?
追加購入する場合は?

問い合わせた内容をまとめました!




DWEのリニューアル内容

ディズニー英語システム(DWE)が今回リニューアルした内容です。

  • 名称変更
    ディズニーの英語システム⇒ディズニー英語システム
  • プレイアロング(絵本が追加)
  • シングアロングセット(CD・DVD・絵本)
  • トークアロングカード
  • ストレートプレイ
  • ストーリー&ソング(CD・絵本)
  • ベッドタイムレビュー(CD)
  • ステップバイステップ(DVD・絵本・アクティビティ)

基本的なセット、すべてがリニューアルとなっています!

ほかにもDVDメイトや、トーキングカードで使うプレイメイトもミッキーの形になっていたりと新しくなっています。

【画像はすべて公式HPよりお借りしています】

ミッキーパッケージの購入特典でついてくる棚も、おしゃれに一新されていますよ。

プレイアロングは2年前にリニューアルされていたのに・・・絵本が追加とは
でも子供が小さいから、ぜひ絵本はほしいところ・・・

またステップバイステップは、ライト・ライト・ペンで絵本をタッチすると、お話を読み上げてくれるように仕様変更されています
まだ子供が小さくて英語が読めないうちは、重宝する機能が付きましたね。

トーキングカードもパッケージが変更になっただけではなく、「name」から「a name」に変わるなど、名詞につく「a」「an」の表示がされています
カードも両面で録音できるようになっているので、「こっち側では録音できないのに!」とならずに済みそうです。

 




DWEのリニューアルで何が変わった?

大きく変わった点は、

  • 登場するディズニーキャラクターが増えたこと
  • DVDからブルーレイになり、映像が綺麗になった
  • 全体的に値上がり

の3点です。

最近のディズニーキャラクターである「カーズ」や「アナと雪の女王」、「トイストーリー」や「ベイマックス」、「シュガーラッシュ」も新登場!
ほかにもたくさんのキャラクターも増えて、映像も綺麗になって、子供もより楽しめる内容に変更されています。

登場するディズニー映画

教材自体の内容や難易度は変わらないとのことですが、やっぱり子供が好きなキャラクターが出てくると、「よりDWE教材を使ってくれるのでは」と期待も高まりますよね。

教材の一部は変更になっている部分があります。

  • 「What’s in Your Basket?」のhead→sled(そり)
  • 「The Fat Lady」の曲が無くなる

など、現代の社会情勢に合わせて変更されています。

またディズニー英語システムはリニューアルにあたり、教材の値上げをしています
いくら値上がりしたかの詳細はまだ不明ですが、今後の子供への幼児教育への需要やリニューアルにあたっての費用なのかなと思われます。

値上がりはキツイですね・・・。
ただでさえ高額な英語教材なので(/_;)

ちなみにどれくらい値上がりしたかというと、教材単体で

  • プレイアロングセット
    42,500円→48,000円(一般価格)
  • シングアロングセット
    159,000円→168,000円(一般価格)
    139,000円→148,000円(会員価格)

となっています。
※現時点で公式HPで公開されている分のみ

パッケージ教材の料金は、直接問い合わせるかワールドファミリーからの案内を待つ必要があります。

パッケージによっても値上がり率は変わっていますが、10%程度の値上がりは覚悟しておいた方が良さそうですね。

リニューアルされた教材の詳しいまとめはこちら

DWEをすでに持っている人の交換時期は?

すでにディズニー英語システム(DWE)の教材を購入した人にとって気になるのは、「リニューアルされた教材への交換」ですよね。

2019年4月現在、リニューアルされた教材を案内されているのは半年内に購入した人のみとなっています。

購入して半年以内(2018年10月17日以降に購入した方)は、ミッキーパッケージであれば81,000円の追加料金で新しい教材と交換してもらえます。

ちなみに、送料は無料となっているとのことです。

また新しくなったミッキー型のブルーレイメイトは、2019年に入ってから契約した人は無料でプレゼントとなっています。
2019年以前に契約した人は、41,040円で購入できます。

DVDメイトはそのまま家で使えるんだって!

すべてのDWEユーザーがリニューアルされた教材と交換してもらうのは、2019年の秋以降の案内となります。

詳細は会員誌である『ワールドファミリークラブマガジン』に掲載されるとのことです。

ただし、リニューアルされた教材の交換に関しては、注意しないといけないことがあります。

それは『無償交換ではない』ということ。

今回のDWE教材のリニューアルで、教材自体が値上がりしています。
そのため、最低でも差額分を支払わなければ新しい教材と交換ができないことになっています。

教材ごとによって差額金額も変わるため、現時点では案内できないとのことですが、無償での交換ではないので注意しましょう。

また、故障などの交換の場合は片道分の送料は自己負担でしたが、今回の交換に関しては送料がどうなるかも未定であるとのこと。

差額や送料を考えて、DWE教材を交換するべきか悩みどころですね。




DWEリニューアルに伴って追加購入する場合は?

我が家もそうなのですが、ディズニー英語システムの旧バージョンを持っていて追加購入をしたい場合、教材はどうなるのでしょうか?

旧バージョンの教材を持っている人は、追加購入は旧バージョンとリニューアルされた教材、どちらかを好きに選べるとのこと。

もちろん、リニューアルされた教材の方が値段は高く設定されています。

ちなみに内容は多少異なるので、旧バージョンの教材を持っている人が追加購入分だけ新しい教材を購入すると「違和感を感じるレベル」のようです

追加購入を検討する場合は、再度『わくわく無料体験』をすることができるので、実際にリニューアルされた教材を見て、子供の反応を見ながら今持っているものを全て交換するか、旧バージョンで揃えるか検討した方がいいですね。

ディズニー英語システムが気になる方はこちら

DWEリニューアル後の詳細情報を知りたい方はこちら